Featured Posts

葬儀費用って高いですね。 Rss

過疎地でのお葬式事情

Posted on : 25-03-2016 | By : horichanda | In : 未分類

0

私は田舎の過疎地に住んでいます。
現代では、お葬式のあり方・やり方も変わってきました。ですが、変わらず悼む気持ちや想う気持ちを忘れずに、お葬式に参加したいものですね。

私の住む田舎では今でも尚、地域ぐるみでの「昔風」のお葬式を行っています。また、お年寄りの方も多く、お葬式も多いです。立て続けのお葬式も珍しくありません。
毎回、御香典の準備に追われ、それでいつもお金に困ってしまっています。勿論、悼む気持ちや想う気持ちが先行するのですが、急な事態の時にお金を工面するのはとてもきついです。

私は節約を心掛けて暮らしているのですが、その中で、家計が苦しくなる最も大きな原因は御香典です。勿論毎日人が亡くなるわけでは無いのですが、年間にかかる田舎の交際費を計算すると、交際費の占める割合が何と多いこと、と思ってしまいます。年間計算で、これを上手くカットすれば、もう少し生活に余裕を持つことができるでしょう。
従って、現在私は、交際費専用の口座を持っています。交際費の為だけにお金を引き出して使う口座です。

また、手元には「へそくり」を準備しているのです。と、いっても自分の為のお金ではありません。御香典や贈答品を買って、お返しをしたりする為のお金です。自分の為のお金と、自分の為では無いお金、それをきちんと分けて家計の中で管理します。

もう一つ、大切な対策があります。それは、周りの目を気にしないことです(これが容易にできれば良いのですが、実際に行うことは難しいですね。)。
この記事はとりわけ田舎にお住まいの方のお役に立てるでしょう。特にお若い方にとっては、周囲の目は大きなストレスになるものです。これはお葬式に限ったことではありません。ちょっとしたことで不義理だと言われたり、「あそこの家は…」と言われ醜聞が出来てしまうこともあります。集会ひとつに出ないだけでも、白い目で見られる経験を何度も私はしています(集会でもその都度、差し入れをするのでお金がかかります。)。
御香典の額に迷ったら、家計が苦しくなるなら、たったの千円札のお札1枚だけもよいのではないでしょうか(実際にしたことがあります。)。こういった御香典の額はメモされ、残るものです。ですが、それよりも自分の中で、故人を想うことのほうが大切です。周りの目を気にせずに、真に故人を悼む気持ちを大切にしましょう。「自分自身を大切にすること」が大切です。

礼服も買い替えたいですが、田舎の過疎地に住んでいるため街に出て行くだけでも一苦労。
そんな時にはインターネットで礼服を購入します。インターネットといえど、試着も出来ますし、送料も無料、365日即日配送。更にアウトレット(訳アリ商品)まであるので驚きです。
サイズ豊富で安い礼服(ブラックフォーマル)をお求めならネットで購入もオススメですよ(^▽^)/

冠婚葬祭ってどうして重なるの?

Posted on : 15-03-2016 | By : horichanda | In : 未分類

0

これは大人になってから母親に聞いた話です・・・

年を取ってくると、お葬式に行くことが多くなってきて、急な出費が幾度となくあるのです。
しかもこればかりはいつということがわからないので本当に突然お金が必要になるわけです。高齢化が進む田舎暮らしはお葬式に参列することが必然的に多くなります。
また、付き合いも緊密であるためご近所さんのお葬式には必ず行きますし、結構香典も高額なんです。それがなぜか重なるんですよね。ホントに不思議です。

また、田舎ではその家の長男が結婚するときはご近所さんも結婚式に呼ばれることが多く、これも続くときは続くんです。これまたご祝儀にそこそこ持っていかれますので、家計は火の車となってしまいます。
そのため、毎月の生活費の中に冠婚葬祭用の費用を取っておくのですが、足りない月も出てきます。こればかりは前もって知ることができないので、予定外の出費に慌ててしまうことがこれまで何度かありました。
そんな時はとりあえず貯金を下ろすのですが、それ以外に実家の親を頼ったこともあります。田舎暮らしは人との関わりが濃い分、付き合うにはそれなりの出費もつきものです。
正直、都会のドライな人間関係が羨ましく思える時があります。どちらもいいところと悪いところがあるというのは承知の上でなんですけどね。
冠婚葬祭って自分がもらったら、今度はそれを返していかなければいけないので、逃れられないですよね。

急な出費でカードローンなんかも利用したことがありますが、基本家計の中のやりくりでまかなうようにはしているつもりです。
それでも「足りない!」となった時は、やっぱり身近な人に頼ってしまいます。ただ、子どもたちに同じような負担を背負わせないため、今後少しづつ付き合いを絞っていこうとは思っています。
時には切るということも人間関係においては必要なのではと思うようになりました。
親もいつかはいなくなるわけで、そうそう頼ってばかりはいられないし、いい年をしていつまでも親の金を頼るような恥ずかしいこともしていられませんしね。

この話は結婚前に聞いた話ですが、私も結婚して近所・親戚付き合いが増えてからというもの
この話が身に染みるようになりました。うちも毎月の生活費の中に冠婚葬祭用の費用を取っておくのですが、いつか足りない時がくるでしょう。
そんな時のために最近はこんなサイトを眺めています・・・
避けられない出費って本当に恐ろしいですね。

「おめでとう」といい私は不幸になる。

Posted on : 30-04-2014 | By : horichanda | In : 未分類

0

当時、今までの貯金を切り崩して大学院へ進学しました。 フルタイムでの学生なので、バイトもできなかったので生活費や 学費は貯金だのみでした。 月の予算を決めて無駄遣いしないようにしなければ、私の貯金は2年以内に全部なくなってしまう計算に。。。

こんなときにおめでたいことは続くんですよね。 一か月の間に3件も、結婚式のご招待が!!

私はお酒を飲むことができます。それも相当な量を飲むことができる。 その3件は全て、お酒を通じて仲良くなった仲間なのですが・・・

当然披露宴からのご招待。二次会以降は何次会までつづくかわからない仲間たちがたくさん参列。

こういうときに、うわばみの友達を持つことは不幸であると思いましたね。私もこれは断ることができませんし。

1件あたり、ご祝儀+○次会費用。交通費も含めれば1件あたり6万円程度掛かりました。 当然のことながら、私の一か月の生活費は大幅にオーバーすることに・・・しかも貯金もなかったので消費者金融で数万円お金を借りてのご祝儀・・・※お金がいる

招待をしてくれた飲み仲間には口が裂けても消費者金融でお金を借りてきたなんて言えませんけどね。。。

暫くの間は、一日一食となっていました。

最初は苦しかったのですが、慣れれば何とか過ごせるようになるものですね。

好きなお酒も結婚式以外は飲めませんでした。そして、結婚式が終わってからも。 なんとか、オーバーした分の帳尻をあわせることができたのが半年後。 その分、強制的なダイエットにより、私の体は、若干ほっそりとしていた。

人との繋がりとか付き合いっていうのは私は大好きなのですが、ちょっと深く仲良くなってしまうと自分の生活までもが大変なことになってしまうこともあるっていうのが分かったのでそれからはそこまでの深入りをしない程度に飲みに行くようにしました・・・

赤字

Posted on : 19-04-2014 | By : horichanda | In : 未分類

0

私の家では、私は専業主婦のため収入は夫の給料だけです。給料は他の仕事の方よりも低いかと思います。
私の住んでいる街はけっこう田舎の方なのですが、周辺の街の中ではかなり家賃が高いです。
そして夫が通勤に車を使い、私が買い物に行くにも必要なので2台所有しています。結婚する際、お互いの持っている車が乗用車だったため、一台売り中古の軽自動車を購入しました。残した方の車はローンがあと1年あり、新たに車をローンで買うことにしたのでまたローンの返済が始まったので現在2台分のローンを払っています。
また夫が研修に行くことが多く大きい街まで出ることが多いのですが、研修費、交通費がほとんど職場から出ません。

それなので研修に行く際はほとんど実費です。研修費と往復のガソリン代、泊りのときは宿泊費を含めると結構な金額になってしまうので、かなりの痛手です。
家がオール電化なので、この冬電気料金が値上げされたことも出費がかさみ困ります。

子供が小さいので毎日お風呂にお湯を入れ、部屋の日当たりが悪いので暖房は日中もつけていないと寒いです。
毎月の出費を計算すると毎月4-5万円の赤字で貯金を切り崩して生活しています。子供が1歳になって自分も働いたらもう少し生活に余裕が出るのではと思います。

働きに出れるようになったら、子供との時間も減ってしまうような気もしますが、このままでは子供に辛い思いや苦労をさせてしまうことになってもいけないので働きます。

子供の為に貯金もしておきたいですし、私たちの将来のためにもしっかりと貯金はしておきたいですね(>_<)

車のローンを抱えてしまったことが生活を圧迫させているのは分かっているのですが、子供もいるし・・・・考えても考えてもお金は出てこないので前向きに頑張りたいです!!

育休から復帰できなくなった

Posted on : 25-03-2014 | By : horichanda | In : 未分類

0

もうすぐ育休から復帰予定の子育てママです。

会社には7年勤めており、正社員として働いていました。 会社は中小企業です。

この春から子供を預けて、育休から復帰する予定で 準備が着々と進んでいましたが 突然社長から連絡があり 「会社の業績不振の為、人員削減を行うことになり 私はカットの対象にすることになったので 復帰はできなくなった」、というメールが届きました。

私は寝耳に水ですぐ折り返しの連絡をしましたが 返事は待てど暮らせどなく…。

帰ってきたのは5日後。 「どうしようもないのですみません。」とだけでした。

我が家は夫婦二人共働きで何とか食べていける生活レベルで 私の給料がゼロになると分かり 貯金を削ってやっていくしかない状態です。

先日、子供が入院をしたときは医療ローンっていうのを利用して支払をしなくてはいけない状態でもありました・・・

これから就活をするつもりですが、 面接に呼ばれても、子どもを預けていかなければならないので そのたびに一時預かりの託児先を確保しないといけません。 それで落ちればただの無駄遣いです。

どうやって暮らしていこうか悩んでいます。

ムダ毛の処理方法に悩む

Posted on : 12-03-2014 | By : horichanda | In : 未分類

0

ムダ毛の処理方法は、どれも一長一短です。

手軽で、肌に負担がかからず、処理後はムダ毛のないツルツルな肌になって、処理頻度も少なくて済み、お金もそれほどかからない、といった処理方法があれば、多くの女性にとって喜ばしいことだと思いますが、現実はそれほど甘くありません。
私自身も、よくムダ毛処理に嫌気がさします。カミソリによる剃毛で処理を行っていますが、すぐに生えてきてしまうので頻繁に行わなければなりませんし、肌もカサカサになってしまうように思います。
脱毛も時折行いますが、肌に負担がかかりますし、一回の処理に時間がかかるので面倒に感じてしまいます。除毛クリームを使うのも経済的ではありません。
やはり、日々のムダ毛処理の悩みを解消するには、永久脱毛しかないのかなと思います。ただ、ムダ毛にはフェロモンを遠くに届かせる役割があるようですし、なくしてしまうのには抵抗があります。難しいものですね。

と、毎日考えていたのですが、友人の話を聞いて永久脱毛をしようかと思い始めました。

友人は、永久脱毛をしているのですが、処理は本当に楽だし、ムダ毛からのフェロモンの話をすると、そんなフェロモンより肌がツルツルで綺麗でそんなところから女性らしさをだしてフェロモンに変えたらいいじゃん!!いくらフェロモンが出るからってムダ毛をそのまんまにしておくことの方が女性としてどうかと思う!!って言われてしまい・・・

なんだか、ハッとして、その日にカウンセリングの予約が取れたのですぐに行ってきました(笑)

行ったはいいけど、支払うお金がなかったのでちょっとキャッシングを利用して支払ました。※今日借りる

た、高い・・・。

Posted on : 03-03-2014 | By : horichanda | In : 未分類

0

先日、母親が無くなりました。ずっと病気だったので、いつかこういった日が来るのは分かっていたんですが、やっぱり辛いですね。。。

なかなか現実を受け止める事が出来ませんでしたね。

今はだいぶ落ち着いてきたんですが、亡くなった直後は本当にきつかったですね。

そして、もう一つきつかった事があります。

それは、葬式費用。

私が喪主を務めたんですが、葬式費用が想像以上に高額でビックリしましたね。

喪主をして初めて分かったんですが、葬式は結婚式並にお金がかかるんですね。